東京都立立川高等学校(全日制課程)

〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目13番地5  TEL 042(524)8195 / FAX 042(527)9906

立高をめざす君へ

立川高校をめざす君へ

東京都立立川高等学校長  吉田 順一

本校は、明治34年(1901年)に東京府立第二中学校として創立され、今年で116年目を迎えています。現在、卒業生は3万名を超え、国内はもとより、世界の各方面で活躍しています。

平成15年度から東京都教育委員会の進学指導重点校に指定を受け、24年度には29年度まで再指定を受けました。引き続き、その質的充実を目指し、難関国公立大学への進学のための様々な取組を行っていきます。今年の春は、現役で東大2名を始めとして、難関国公立大学(東大、京大、一橋大、東京工業大、医学部医学科)に9名が合格しました。また、東大・京大を除く旧帝大(北海道大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大)に23名(うち現役11名)など、国公立大学に127名(うち現役81名)合格しています。

さて、学力選抜では、学力検査5教科のうち、国数英の出題は、26年度入試から進学指導重点校7校がグループ作成問題を採用してきました。進学指導重点校の主となる使命は、難関国立大学への現役合格にあります。そのため、進学指導重点校の入試問題は、その将来性があるかどうかを判断するためのものです。中学校での基礎・基本を基に、「総合的な思考力と応用力、確実で素早い判断力、しっかりした表現力」を確認します。そして、「あえて難しい問題に挑戦」という君の意志が本校が期待する「卒業後の進路希望実現に挑戦できる学力と見識を身に付け、人間性を育て上げる」という目的にかない、期待に応えられる資質や可能性を持っているかを確認します。

また、推薦選抜での「小論文」「集団討論・個人面接」において、小論文を重視するのは「将来のリーダーを育てる」という本校のミッションの実現を図り、一層充実した教育を進めるねらいに基づくものです。

立高は、24年度入学生から、現役での国立大学(特に難関国立大学も含め)合格を特に視野に入れた学習内容としました。土曜日授業も行っています。1・2学年では、国数英の学習時間を学習指導要領で定められた時間よりも多く学習します。このことは、入学した君の基礎学力を一層充実させ、応用力を磨く時間を創出するためです。そして、3年全員が各自の進学に応じた数学の科目を学習し、1・2年次までに全員が理科4科目の学習も行います。このことにより、高校3年間で、一通りすべての科目を学習し、幅広い教養と全人的教育の基礎を培うことができます。

本校では、落ち着いた緊張感ある授業が進められ、総合的な学習の時間も活用して、全教員が進路指導に関わる等、面倒見のよい教育を展開しています。夏季休業中などの計画的な補習や講習は特に充実しています。また、放課後や土日なども計画的に講習が行われます。このことで、授業時間では不足していた学習を補い、応用力を磨くことができます。

そして、19の運動部と18の文化系部活動・同好会での活動が活発に行われています。さらに、学校行事や委員会活動も、企画・運営・総括に至るまですべてを生徒が自主的に運営し、盛んに行われています。本校は、部活動や行事に燃え、何事にも果敢に挑戦し、高い進路実現を達成しようとする気概を持った生徒が集っています。また、「この行事を経験して真の立高生になる」とまで言われ、70年以上の歴史を持つ伝統行事「臨海教室」も君の入学を待っています。

是非、本校へ入学して、君の高い目標実現を図るとともに、立高のさらなる発展のために、一緒になって、新しい息吹を吹き込みましょう。


印刷用PDFファイル 立高をめざす君へ